いつでも相談しよう

もし私達が交通事故の被害者の立場となったら、被害を負わせた方が、負わされた方に対して最大の責任を取るべきだ、と思うこともあるかもしれません。しかし、そのお金の取引に関しては、私達が全てを判断できるのでも、決定することができるのでもありません。あくまでその基準となるのは法律であり、そしてその状況です。私達は自分の見たものや感じたものを直接的に見せることはできませんから、その主張にあいまいさが混じってしまいます。

ですから、そういった時のために、まず事故が起きたら相手の身分を確認して、記録しておくことは大切です。警察が全て行うので、必要ないのでは、と思われることもあるかもしれませんが、相手先と連絡が必要になることもありますから、相手の身分に関するものは控えておくべきでしょう。

それらは、一つだけであると大きな証拠にはなり得ないかもしれません。しかし特に最初の段階は、を踏むことによって、必要となった段階で探し始めるのに向いています。私達に同等にリスクがあり、誰もが責任を負う必要が発生する時代、だからこそ、それは相談できることである、一人で抱えなくても大丈夫、ということを私達は覚えておきましょう。